第7話 僕はロビンソン・クルーソー

第7話

授業が終わり休み時間になっても休もうとしないナットに、ベア先生は他の子供よりもナットが劣るわけではないと励ます。ナンはそんなナットに自分の大好きなロビンソン・クルーソーの本をプレゼントする。

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。