13. 第214話 お控えなすって!

第214話

それぞれ侠の鎖を護るため、ついに再び対峙する銀時と次郎長。抗争の裏で糸を引いていた華陀率いる辰羅族の兵を相手に獅子奮迅の戦いをするものの、彼らの体力はすでに限界にきていた。歯を食いしばり立ち上がる次郎長の脳裏にお登勢と辰五郎、三人で過ごした記憶が蘇る…。(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。