第14話 / 威風堂々・雷撃パープルアイ

第14話

2008年。プロデビューするための金を稼ごうと、アルバイトに汗を流す健吾と渡。だが、スカウトマンの三宅が実はファンガイアだった。一方、1986年。音也にイクサを返せと迫るゆりだが、音也は聞く耳を持たない。だが、音也はイクサを使用したことで体力を消耗していた。そんな音也を倒そうと次狼が動き始める。

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。