第35話 / ニューアレンジ・飛翔のバラ

第35話

2008年。落ちぶれた先代のクイーン、真夜と会った深央はクイーンをやめたいと訴える。人間の男に恋をしたのでは、という真夜の問い掛けに言葉を失う深央。そんな深央に真夜は自らの体験を語る。一方、1986年。真夜とともにバイオリンを作る音也だが、真夜はあるものが足りないという。そのあるものとは?

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。