16. 不倫疑惑

シーズン2,第16話

オリヴィアのもとへ、新たな依頼人サラ・スタナーが現れる。彼女は大企業“ライオ社”のCEOを務め、夫フィルと2人の子供と共に幸せに暮らしていた。しかし今、ロースクールに通っていた15年前の“不倫関係”が、メディアにリークされたという。なんと不倫相手は、最高裁判事候補のマレー・ランドール。“大スキャンダル”になると確信したオリヴィアは「全力であなたを守る」と言うと、メディアにすべてを告白するよう提案する。一方、ハックとクインは、人質事件への関与が疑われるCIA長官オズボーンの尾行を始め…。

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。