5. 候補者たち

シーズン3,第5話

大統領予備選挙に沸く民主党で、初の女性大統領との呼び声も高い下院議員ジョゼフィンジョゼフィーン・マーカスの選挙参謀を狙うオリヴィア。ところが、面接の場で彼女は議員から選挙参謀の仕事ではなく“問題の修復”を頼まれる。それは15歳で出産した過去を世間に知られる前に、封印して欲しいというものだった。その事実を知る者は、議員の地元モンタナ州レッド・スプリングスに5人いるという。

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。