62. 第62話 貧保家夏通信

第62話

去り行く夏を惜しんで花火にみんなを誘う茶魔だが、予定が合わず、家で一人のんびり寂しく過ごす。やがて、家が騒がしくて散歩に出た茶魔が貧保家を訪ねると…。(C)小林よしのり/小学館・シンエイ

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。