202. 第202話 貧保涙のアルバム

第202話

空き缶に一滴でも残っていれば水で薄めて飲む耐三だが、落ちぶれても元・上流家庭、果汁100%の物しか飲まない。そんな耐三の目の前に現れたのは…。(C)小林よしのり/小学館・シンエイ

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。