270. 第270話 パパ上は伊賀の上忍でござるの巻

第270話

パパが家で留守番をしているところに時代小説家のよらば先生が訪ねてくる。パパを忍法の達人だと思い込んだ先生は、あの手この手で忍法を披露してもらおうとするが、そんなつもりのないパパは困り果ててしまう。そんな折、帰ってきてパパから話を聞いたハットリくんは、先生にちょっとしたいたずらを思いつく。(C)藤子スタジオ/シンエイ

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。