259. 第259話 お犬様はエライんじゃワンの巻

第259話

およそ300年前、「お犬様」として犬達が人間よりも大事に扱われた時代があったと、パパから教えてもらった獅子丸。いつも怒られてばかりで肩身の狭い獅子丸は、自分が殿様のようになれる昔の時代に夢の中でタイムスリップするのだった。(C)藤子スタジオ/シンエイ

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。