283. 第283話 犯人の名はヒミツにすべしの巻

第283話

晩御飯の用意もままならないほど推理小説に夢中のママ。仕事から帰ってきて腹ペコのパパは、痺れを切らして犯人の名前を言ってしまう。パパのデリカシーのなさにうんざりしたママは、怒って晩御飯の支度を放棄することに。晩御飯が無いと困ってしまうハットリくんは、ママに忍法「記憶忘れ」をかけることにするのだが…。(C)藤子スタジオ/シンエイ

※遷移先の動画がお望みのものと違ったり、おかしな点がある場合はエラーを報告して頂けるとたいへん幸いです。