VOD Unite

便利なビデオ・オンデマンドを、もっと便利に楽しもう!

VOD Unite

Kesennuma, Voices. 東日本大震災復興特別企画 ~堤幸彦の記録~

3.11東日本大震災から1年…。映画監督・堤幸彦が「映像に関わる者の使命」だと、胸に秘めた思いをぶつけた「ドキュメンタリードラマ」。舞台は、被災地・気仙沼。出演は、生島勇輝と生島翔。妹夫婦を津波に流されたアナウンサー生島ヒロシ氏の長男と次男。自ら被災家族という運命を背負っての出演である。そして、過酷な宿命を持つこととなった気仙沼の今を生きる人たちも数多く証言を残していく。気仙沼で数々の作品のロケを行ってきた過去を持つ堤幸彦。震災後も、撮影の合間を縫ってボランティア活動で気仙沼を訪れた。自身も「無力感・喪失感」にさいなまれ、自分が何をすべきか悩み抜いたが、気仙沼市役所や気仙沼復興協会を始めとする、気仙沼市民の皆さんの願いもあって、作品を残すことに決めた。ドラマではあるが、登場する人たちの言葉は、全て嘘偽りのないリアルそのものである。「どんなに時間が経とうとも、大震災の傷は忘れられないし、忘れてはならない」本作は「第2回衛星放送協会オリジナル番組アワード」のドラマ番組部門で最優秀番組に選ばれた。物語は、生島兄弟がボランティア活動のため気仙沼に向かう場面から始まる。叔母一家を失うことで深く大震災に関わり、傷つきながらも、どう対処すべきか答えを見いだせない東京在住の2人。気仙沼での日々を通じて彼らは、震災がもたらした惨禍に直面し、同時に自分自身とも向き合わざるを得なくなる。どんなに溝を掘っても掘っても終わらないボランティア活動の無力感と喪失感。だがやがて、困難な状況にありながらもゆっくりと立ち上がっていく気仙沼の人々と関わりあう中で、2人の心にも変化が起き始める…。

この作品をVODで観る

評価

評価はありません。

共有

この作品に関するツイート

条件を絞って動画を検索

検索